2024年2月22日木曜日

連載「心販研コラム 心理のこまど」

 連載「心販研コラム 心理のこまど」
心販研12社による持ち回りコラムです。
出版営業のちょっとした呟きから、本づくりの現場の空気を味わっていただければ幸いです。 今月の担当は岩崎学術出版社様です。








(本コラムは昨年末に書かれたものです)


 今年もいよいよ残りわずかとなってしまいましたが,益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。本年も弊会新刊情報をご愛読いただきありがとうございました。


 心販研新刊情報は翌月に発売予定の新刊を配信書店様にいち早くお届けする目的のために毎月人文書院様がとりまとめて配信させていただいております。会員社の心理学の新刊を一覧で,しかも個別にメッセージのあるファイルは他にはございません。ほかでもない配信書店様に必ずお知らせしたく,私も最優先で作成提出しております。


 一方,新刊情報とは別に先月発売した新刊の一覧も別途,心販研ニュースとして配信しております。書店様の実棚を管理する上で二つのファイルを活用すれば,きっと,役立つはずです。しかも,心販研ニュースには会員社の重版情報や心理系の学会情報まで掲載されており,すでに20年以上毎月配信しております。現在では心理学書販売研究会ブログ(http://shinpanken.blogspot.com/)にも実装され,広く周知されつつあります。


・・・・・そして,毎月の心販研ニュースは,心理学書リストとして2001年9月に弊会が発足して以来,会員社の心理学書がExcel形式で保管されております。その数なんと,7,000アイテムに達します。書店様において心理学書に限って,7000アイテムを常備している書店様はないと想います。


心販研・心理学書リスト20230525ブログver



 弊会だけでも毎年300アイテム前後の新刊が刊行されております。少しでも書店ご担当者様のお役に立つよう,両方のニュースを最大限ご活用いただけますと幸甚です。ご要望やご意見がございましたら,ニュースの受付欄にてお寄せいただけますと幸甚です。


 弊会の活動ももうじき25周年を迎えます。会員社(者)個別に会の業務に携わっており,その活動は常に進化しております。今後も心理学書販売における最高の機関でありつづけるよう研究を怠らない所存です。心理学書の販売でお困り,お悩みの際は,弊会をご活用ください。きっと・・・お役に立てると想います。

 来年も今年同様,弊会をどうぞよろしくお願い申し上げます。
(岩崎学術出版社 上野)

2024年2月15日木曜日

心理学書販売研究会、2024年1月の新刊です(PDF)

 

心理学書販売研究会、2024年1月の新刊です(PDF)

心販研ニュース 2024年1月(PDF)

【学会情報】
2月開催
・日本臨床動作学会 :2/11(日)~2/12(月・振休)【ライブ配信】 2/3日(土)~ 2/18(日)【オンデマンド配信】
・日本乳幼児医学・心理学会 :2/11(日) アクトシティ浜松コングレスセンター
・日本臨床心理学会 :2/17(土)~2/18(日)  神戸国際会議場

3月開催
・日本AD/HD学会 :3/2(土)~3/3(日) 東京医科大学病院臨床講堂
・日本リハビリテーション連携科学学会:3/2(土)~3/3(日) 九州保健福祉大学
・日本グリーフ&ビリーブメント学会:3/2(土)~3/3(日) 龍谷大学深草キャンパス
・日本発達心理学会:3/6(水)~3/8(金) 大阪国際交流センター
・日本心理療法統合学会:3/9(土) 京都大学時計台記念館
・日本社会精神医学会:3/14(木)~3/15(金) 東北医科薬科大学薬学部(小松島キャンパス)
・日本集団精神療法学会:3/16(土)~3/17(日) 兵庫県立大学看護学部
・日本学校メンタルヘルス学会:3/16(土)~3/17(日) 早稲田大学早稲田キャンパス

【TOPICS】
今回はみすず書房さま、ミネルヴァ書房さま、創元社さま、春秋社さま、新曜社さま、人文書院さまの6社よりトピックスがございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎みすず書房
カール・エリック・フィッシャー著『依存症と人類――われわれはアルコール・薬物と共存できるのか』が「紀伊國屋じんぶん大賞」第11位に選ばれました。
松本俊彦監訳です。
◎ミネルヴァ書房
横道誠(著)村中直人(解説)
『海球小説 次世代の発達障害論』をこのたび出版いたしました (2024/1/23発売)
誰もが生きづらさを抱えにくい社会へ、私たちはたどり着けるのか- 発達障害当事者の大学教員が綴る
「なんとなく周囲に溶けこめない」少年を描く物語と、
日本でのニューロダイバーシティ推進の先駆者による解説を交互に読み進める、
これまでにない、リアルで異質な心ざわめく発達障害本です。
◎創元社
先日以下の商品を重版いたしました。

・『こころが晴れるノート』(59刷/978-4-422-11283-1)
・『スモールステップで学ぶ力動的な心理アセスメントワークブック』(3刷/978-4-422-11810-9)

ぜひ貴店におかれましても在庫をご確認の上、補充・拡販を検討いただけますと幸いです。
『こころが晴れるノート』は特製ノベルティ付きの刊行20周年記念セットもご用意しております。
冬季うつになりやすいこの時期の展開をおすすめいたします。
◎春秋社
信田さよ子 著『母が重くてたまらない――墓守娘の嘆き』が、重版出来(21刷)となりました。
母娘問題ブームの火付け役とも言える本書は、2008年の刊行から多くの読者に支えられ、版を重ねてきました。
近年、刊行された『親といるとなぜか苦しい』(東洋経済新報社)や『母という呪縛 娘という牢獄』(講談社)も話題となりましたが、
このタイミングで小社の『母が重くてたまらない』も、引き続きご拡販いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

◎新曜社
田中彰吾 編著『自己の科学は可能か』 ISBN 9784788518315
売行き好調です。
刊行記念シンポジウムの議論をサイトにアップいたしましたのでご覧ください。
https://clarus.shin-yo-sha.co.jp/categories/1074

◎人文書院
新刊『ディスレクシア』は是非とも発達心理学で置いて欲しい商品です。
日本では児童の7%が軽度、もしくは重度の識字障害を抱えていると言われ、教育現場では非常に大きな問題となっています。
欧米圏ではさらに対象者の割合が多く、研究もそれだけ重要視されている傾向にあるようです。
原著は「Very Short Introductions」という入門書シリーズのひとつであり、コンパクトに要点をまとめた点では類書随一です。
是非とも御拡売の程よろしくお願いいたします。



2024年1月17日水曜日

連載「心販研コラム 心理のこまど」

 

 連載「心販研コラム 心理のこまど」
心販研12社による持ち回りコラムです。
出版営業のちょっとした呟きから、本づくりの現場の空気を味わっていただければ幸
いです。
今月の担当は明石書店様です。


画像
――――――――――――――――――――――――――
〇本が売れないと言う前に

 「今日はどんな本かな~、このワンプとくときが一番ワクワクしますよね!」

 もう辞めてしまったが、以前営業部にいたAさんがいつも、届いた新刊の包み紙を破りながら言っていたことばを思い出す。


 当時は、いやいや「どんな本かな~」って、ゲラも読んだしカバーも確認したし、編集者の熱いプレゼンも聞いたでしょって、心の中でツッコミを入れてたもんだった。だが、アレは、初めて手にする本への期待や興奮だけではなく、自分はこの本を売りたい、売らねばならないといった緊張や覚悟や矜持が込められたワクワクだったんじゃなかろうか、と今にしておもう。


 さて、本が売れない、業界厳しいと言われて久しいが、今年はそれをあらためて実感する1年だった。

 取次の配本規制に加えAmazonの発注数減少、また「マーケットイン」などとは距離を置いていることもあってか事前注文が十分に集まらず、結果、配本数は限られ、作ったはいいが動かせない本は増える一方だ。それこそワンプも開けずに断裁せざるを得ない本もある。

 ついでに言うと、売上が伸びない中、原価は上がっているため利益減少は著しく、価格設定を再考しなければならない状況だ。

 もちろん、この数年間は特に、本を売るためのさまざまな策を講じてきた。

 企画の趣旨・意義を共有するため、会議は常に営業・宣伝のメンバーも参加しているし、売るための仕組みを整えるためマーケティングも学んでみた。さまざまなイベントや学会・研究会での宣伝・販売を強化し、また、SNS広告や新聞広告での宣伝も計画的におこなっている。

 なのに、売れ行きは鈍く、少し上向いたかとおもうとすぐに失速、日々の出荷額は常に、想定の金額を下回っていて、現状を維持するのが精一杯というのが実情…、ため息が増えるばかり。

 売りたい本があり、売らねばならない本があり、売れると嬉しい本があるのだが、本が売れない現実に喘ぐ日々。

 そんな時、Aさんの言葉を噛みしめながら自分に問いかける。「ワンプ開ける時、ワクワクしているか」と。



(明石書店 大江)


心理学書販売研究会、12月の新刊です(PDF)

 

 

心理学書販売研究会、12月の新刊です(PDF)

心販研ニュース 2023年12月(PDF)

【学会情報】

1月開催
なし

2月開催
・日本臨床動作学会 (医療創生大学)
オンデマンド配信 2024/2/3(土)~2/18(日)
ライブ配信 2024/2/11(日)~2/12(月・祝日)
・日本乳幼児医学・心理学会
2024年2/11(日・祝)(アクトシティ浜松 コングレスセンター)


【TOPICS】
今回は新曜社様、創元社様よりトピックスがございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎新曜社
弊社11月に刊行いたしました、H.レヴィット
著『心理学における質的研究の論文作法』9784788518285
が順調に売れております。アメリカ心理学会による質的研究論文作成の基準を解説、実際の研究と橋渡しする本です。

訳者も日本における質的研究の第一人者の方々であることも、売れている大きな理由です。

◎創元社

先日以下の書籍を重版いたしました。

・『カウンセリングに活かす「感情処理法」』(5刷/978-4-422-11790-4)
https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=4615


不快な感情を減らしスッキリさせること、その状況にふさわしい自然な感情を体験することを目的とする「感情処理法」。

その理論と実践を豊富な事例を交えてわかりやすく解説します。

カウンセラーをはじめとした様々な分野の対人援助職を中心に、広く活用していただきたい一冊です。

2023年2月の発売以降、堅調な売れ行きをキープしております。

ぜひよろしくお願い申し上げます。
 
 ご質問・ご要望は、下記のフォームにてご連絡ください。
心販研質問箱 https://tinyurl.com/shinpankenFAQ
 

2023年12月6日水曜日

心理学書販売研究会、11月の新刊です

 

 

心理学書販売研究会、11月の新刊です(PDF)

心販研ニュース 2023年11月(PDF)

【学会情報】
12月開催
・日本ロールシャッハ学会 :12/2(土)~3日(日) 中京大学名古屋キャンパス
・日本脳科学会 :12/3(日)~4日(月)   大阪大学 吹田キャンパス銀杏会館 三和銀行ホール
・日本産業学会 :12/3(日)~4日(月)   一橋講堂
・日本産業ストレス学会 :12/8(金)~9日(土) 一橋講堂
・日本心療内科学会 12月9日(土)・10日(日) 東京国際交流館プラザ平成
 
 2024年1月開催
学会情報なし 
 
 
 【TOPICS】
◎誠信書房
2023年8月に刊行いたしました『子どもへの性暴力[第2版]』
藤森和美・野坂祐子 編 ISBN978-4-414-41695-4 本体2700円及び
『性問題行動のある子どもへの対応』藤岡淳子・野坂祐子・毛利真弓 編著
ISBN978-4-414-41697-8 本体2700円がそれぞれ重版となりました。
昨今の社会問題をふまえ、増々重要が高まっているものと思われます。

2023年11月刊行新刊『マイ ステップ[改訂版」~性被害を受けた子どもと支援者のための心理教育』野坂祐子・浅野恭子 著 ISBN978-4-414-41699-2 本体2500円とあわせ、併売等のご検討、何卒宜しくお願い申し上げます。
◎創元社 11月に以下2点を重版いたしました。 ・『統計嫌いのための心理統計の本』(10刷/978-4-422-11625-9) https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=1662 
 
 ・『スモールステップで学ぶ力動的な心理アセスメントワークブック』(2刷/978-4-422-11810-9)
https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=4687
ぜひ貴店におかれましても棚をご確認の上、補充・ご拡販を検討いただけますと幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

◎新曜社
トニー・アダムスほか著『オートエスノグラフィー 』、重版出来ました。
自己エスノグラフィーとも訳される研究法の、体系的で実践的な入門テキストです。
ぜひ常備のほどお願いいたします。

ご質問・ご要望は、下記のフォームにてご連絡ください。
心販研質問箱 https://tinyurl.com/shinpankenFAQ

心理学書販売研究会、10月の新刊です(PDF)

 

 

申し訳ございません、10月号のアップを忘れておりました。
遅ればせながら、心理学書販売研究会、10月の新刊です(PDF)

心販研ニュース 2023年10月(PDF)

【学会情報】

11月開催

・日本精神分析学会:11/3(金・祝)~5(日)(広島国際会議場)

・日本描画テスト・描画療法学会:11/4(土)~5(日)(明治大学駿河台キャンパス)
・日本生物学的精神医学会:11/6(月)~7(火)(万国津梁館 沖縄県)

・日本児童青年精神医学会:11/14(火)~16(木)( 弘前市民文化交流館、アートホテル弘前シティ)
・日本総合病院精神医学会:11/17(金)~18(土) (仙台国際センター)
・日本子ども虐待防止学会:11/25(土)~26(日) (びわ湖大津プリンスホテル/立命館大学 びわこ・くさつキャンパス)

・日本キャリア・カウンセリング学会: 11/25(土)~26(日)(帝京平成大学池袋キャンパス)



12月開催

・日本脳科学会 :12/3(日)~4日(月)  大阪大学 吹田キャンパス銀杏会館 三和銀行ホール

・日本産業学会 :12/3(日)~4日(月)  一橋講堂

・日本心療内科学会 12月9日(土)・10日(日) 東京国際交流館プラザ平成


  今月は誠信書房様、春秋社様、創元社様、新曜社様よりトピックスがございます。

【TOPICS】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎誠信書房
人を動かす6つの原理を導き出した、社会心理学の不朽の名著が満を持して登場!
「影響力の武器【新版】~人を動かす七つの原理~」
ロバート・B・チャルディーニ 著/社会行動研究会 監訳
IBSN 978-4-414-30429-9 四六版上製 606ページ 本体2900円
人を動かす6つの原理「返報性」「コミットメントと一貫性」「社会的証明」「好意」「権威」「希少性」。
そして今、7つ目の承諾誘導戦略が明かされる。
11/10(金)刊行予定です。

内容詳細につきましては「影響力の武器【新版】」特設サイトをご覧ください!!
https://www.seishinshobo.co.jp/special/30429/

 ◎春秋社
2023年9月に、質的研究の基本図書である『改訂版 エスノグラフィー入門』と『質的研究の方法』新装版を刊行いたしました。
医療・介護・福祉・教育等、ヒューマンサービスの現場のみならず、マーケティング分野でも必須の調査手法の導入編(『質的研究の方法』)と実践編(『エスノグラフィー入門』)です。
ぜひ補充をご検討ください。

◎創元社
先日「こころが晴れるノート」(978-4-422-11283-1)を重版いたしました。
2003年の刊行以来多くの方に支持いただき、今回で58刷となりました。
「冬季うつ」になりやすいこれからの時期にもぜひおすすめしたい1冊です。
刊行20周年を記念した特製ノート付きのセットもご用意しております。
ぜひ貴店店頭におかれましても、ご展開のほどよろしくお願いいたします。
https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=1818

◎新曜社
ロングセラー『誰のためのデザイン?』の著者、ドン・ノーマンの新著『より良い世界のためのデザイン』が、10月に発売されました。
本書で「認知科学・認知心理学」という枠を大きく越えて、地球環境、政治・経済について、デザインが何をできるかを提起しております。しかし、じつに置き場所にこまる書籍でもあります。ぜひ心理学棚にて面倒をみてください。

心販研コラム 心理のこまど

 「心販研コラム 心理のこまど」は、出版営業のちょっとした呟きから、本づくり、本の営業の現場の空気を味わっていただきたくはじめたコーナーです。


今月の担当はミネルヴァ書房さまです。

-------------------------------


▼机と電話
ミネルヴァ書房の辻橋と申します。御茶ノ水・駿河台の東京支社に勤務しています。

小社は創業1948年、学術専門書一筋に出版してまいりました。おかげさまで本年、9月1日創業75年を迎えることができました。深く感謝申し上げます。
戦後の混乱期の京都で「机と電話一本」で創業し、これまでに1万点近くの書籍を刊行してまいりました。

「ミネルヴァのふくろうは迫りくる黄昏をまって飛び立つ」というヘーゲルの言葉にちなみ、ミネルヴァ(知の神様)を社名に冠し、その使者であるフクロウを、小社のマークで採用しています。
 


 

 

 



最初の出版物は、『論理学入門』。その後、人文・社会科学の学術出版社として、徐々に人文・法経・教育・心理・福祉・保育と多岐にわたる分野を出版してきました。
また、季刊誌「発達」を、創刊の言葉「明日の世界をつくる子供たちと人間自身の発達を考える」ことを掲げ、1980年に創刊し、今年で43年目。現在まで定期的に刊行を続けています。


 

昨年8月には、『不登校の理解と支援のためのハンドブック―多様な学びの場を保障するために』(伊藤美奈子 編著)を刊行しました。


 


不登校支援に長年携わる現場のプロ36名が集結して書かれた本です。
心理職に限らず、学校の先生、福祉職として働いている方などの専門家たちが36名結集、学校教職員、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー、当事者とその保護者、心理職を目指す学生など、様々な立場の人に読んでほしい1冊です。

2023年10月13日の報道で、不登校の小中学生が前年度より2割増え、過去最多の29万9,048人に上がったとの事。
本書が、自分と向き合い苦しんでいる子どもたち、そして、その子どもたちを支える保護者や教職員の皆さんにとって、何らかのヒントや希望の灯りとなることを願ってやみません。

支援にかかわる方といえば、
『発達障害のある人の「ものの見方・考え方」―「コミュニケーション」「感情の理解」「勉強」「仕事」に役立つヒント』(下山晴彦 /黒田美保 監修 高岡佑壮 著)も好評です。
2021年11月発売、その後じわりじわりと刷を重ね、5刷となりました。

 


自分や他人の特性について、一人ひとりの「くせ」を理解することの大切さを教えてくれます。そして、発達障害という括りで人を見てはいけないということに気づかされる一冊です。


                          (ミネルヴァ書房 辻橋 香織)